トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中

新潟日報 経済トピックス

IDSデザインコンペ大賞に「良寛シルク」

 県内企業の産業デザインを審査する「IDSデザインコンペティション2007」(にいがた産業創造機構、県主催)が11日、三条市で行われ、最高賞のIDS大賞に金子編物(出雲崎町)の「良寛シルク ベビー用品」が選ばれた。

 同商品は服、枕、ブランケットなどのシリーズ。いずれも素材は絹100%で、染料や蛍光剤を一切使っていない。審査委員長の豊口協・長岡造形大学理事長は「薬品系の原料をまったく使わず、天然素材の風合いを生かし温かみを出している。衣料に安心、安全を求めるニーズが高まっている中、画期的な商品」と選定理由を説明した。

 今回は49社から61点が出品された。出品された全商品は12日から14日まで、同市須頃1の県央地域地場産業振興センターで一般公開される。公開時間は午前10時―午後5時。入場無料。
 このほかの受賞企業、商品は次の通り(IDS賞以上)。

 【IDS準大賞】竹内快速鋸(のこ)(三条市)落ち葉などの掃除は風任せの雨どいカバー

 【IDS賞】コデラカプロン(三条市)ひざ用保温サポーター▽ワタナベ(燕市)自走ローラー「マンモス」▽相田合同工場(三条市)持ってい鍬(くわ)(園芸農具)▽安達紙器工業(長岡市)ダンテ・ダンベ(段ボール製家具)新潟日報

                                                2007112

 

 

IDSデザインコンペ2007大賞受賞の「ベビー用品シリーズ」以外にも
「良寛シルク商品」は、お客様に愛される商品を厳選シルクに心をこめて
ひとつひとつ手作りでご用意しております。